化粧ノリUPには、メイク道具も清潔に

実は雑菌だらけ!パフやブラシもお手入れしないとニキビの原因にも・・

  • facebook
  • twitter
356view
Photo by Wallpaper




毎日、直接肌に触れているメイク道具。
コスメの成分のほかに、皮脂や汗、老廃物などが付着しています。
手入れせずに、そのまま使い続けていると化粧ノリが悪くなるだけでなく、
雑菌の温床になり、ニキビなどの肌トラブルの原因に・・。

菌は温かい場所に増えるので、夏にはパフ1つになんと8万個の菌が!
これはトイレの床よりも汚いということになります。
お手入れ方法をご紹介するので、今日からメイク道具を清潔に保ちましょう。

1, スポンジ


1週間に1回の頻度で洗うのがベスト。
面倒な人は、使い捨てがオススメ。全ての面を使ったら捨てましょう。
スポンジは、専用のクレンジングか石鹸で洗いましょう。
よく泡立てた石鹸の泡でもみ洗い。
よく洗いって、水が透明になるまで繰り返します。

2, パフ


基本的には、一度使ったら洗う!くらいの気持ちがベスト。
繰り返し使うものは、100金にも売っている専用リムーバーでよく洗って、しっかり乾かしてから使いましょう。中性洗剤や石鹸でもOK!

3, ブラシ


2週間に1回の頻度で洗うのがベスト。
少量の中性洗剤を入れた水に浸して洗います。シャンプーでもOK!
洗剤が残らないようによくすすぎ、しっかりと乾かしましょう。

4, 化粧筆や大きめのブラシ


毎日洗うのがいいですが、天然毛のブラシは1週間に1回にしましょう。
普段からメイクの後には、ぽんぽんと叩いて粉を落とします。
洗うときには、洗顔フォームで軽く泡立ててすすぎ、乾かすときは陰干しで。

5, ビューラー


消毒用エタノールを、 水を含ませたコットンになじませて拭きます。
これでダマなどがキレイに拭き取れます。
目の周りやまつげに直接触れるものなので、結膜炎など目の病気にならないよう、使ったら毎回ティッシュで拭き取るように習慣づけましょう。

6, リップブラシ


メイク道具の中でも、特に汚れやすいのがリップブラシ。
少量の美容オイルで汚れを溶かしてティッシュで拭き取れば、洗わなくてもOK。
使うたびに、ティッシュで拭き取るようにすれば特別にお手入れしなくても大丈夫です。

清潔なメイク道具を使うと、肌のコンディションも良くなります。
毎日使うものなので、お手入れは欠かさないようにしましょう。




2+
  • facebook
  • twitter