体を洗わない無洗入浴が乾燥肌にいい!?

清潔にしていたはずが肌の乾燥&体臭の原因に!?今日から始める石鹸なしの入浴法♪

  • facebook
  • twitter
1307view



肌がカサカサする、脂っぽい汗が出る、高い石鹸を使ってるのにイマイチ・・。
そんな人は思い切って体を洗わないほうがいいかもしれません!

乾燥の原因は体の洗いすぎ!?

photo by Wallpaper

体を洗わない、つまり石鹸もボディソープも使わないということ。
それだと匂いや汚れが気になりますが、大丈夫なんでしょうか?

「人間にはもともと自分で体をキレイにする力が備わっている」ため、過剰に洗うほうが肌にとっては良くないんだとか。

実はこの無洗入浴、お医者さんも推奨しているほど肌に優しく、特に乾燥肌で悩んでいた人はこの入浴法を続けることで肌に自然な潤いがでてきたそうですよ。

無洗入浴のメリットは、

・乾燥肌の改善
石鹸で肌を洗いすぎると、肌に必要な潤いまで洗い流してしまいます。
一旦、石鹸を使わないようにすることで乾燥肌が改善することもあるのです。

・美肌効果
石鹸で洗うと、肌を健康に保ってくれる常在菌まで殺菌されてしまいます。
常在菌を残す無洗入浴で、全身のスキンケアができるのです!

・体臭が軽減
体の洗いすぎによって、汚れだけでなく肌を守る皮脂まで奪われてしまいます。
皮脂を分泌する力が過剰に働くことで、清潔にしているはずなのに体臭がキツくなってしまうのです。


お湯だけで体の約80%の汚れは落ちる

photo by Pinterrst

しかし、「体を洗わない=シャワーだけでOK」ということではありません!
気になる無洗入浴の方法はと言うと、

40℃くらいのお湯に10〜20分入浴
肌の汚れのほとんどが水溶性なので、石鹸を使わなくてもお湯だけで落ちます。
ゴシゴシ洗って、お風呂あがりにボディクリームで潤いを補うよりも肌には優しいんです。
熱いお湯だと肌への刺激になるので要注意!

気になる部分は優しく石鹸で
デリケートゾーンや脇など気になる部分は石鹸で洗いましょう。
スポンジやタオルを使わず、優しく手で洗うだけで大丈夫♪

毎日はしない
しかし皮脂が溜まりやすい部分(耳の裏、背中や脇など)があることも事実。
ずっと石鹸を使わないわけではなく、数日に一度はいつもどおり全身を洗ってください。
たまには洗わない日があっても大丈夫くらいの気持ちで。

シャンプーと洗顔はしっかりと
無洗入浴で洗わないのは、あくまでカラダ(首から下)だけですよ。


ワセリンを塗ると皮膚膜の代わりに

photo by Pinterest

入浴後は肌の水分が奪われやすい状態。
お風呂あがりはワセリンをサッと塗って、お肌を乾燥から守りましょう♪
ワセリンはボディクリームや化粧水とは違い、肌内部には浸透しません。
肌に潤いを与えるというよりは、肌の表面にワセリンを塗って肌の水分が蒸発するのを防ぐというイメージ。
肌表面だけに塗るだけなので、スキンケア用品での肌トラブルが気になる人でも使うことができます。

少量を薄く塗るだけで皮膚膜の働きをしてくれるので、その人の持つ自然治癒力をより高めてくれます♡
毎回塗らなくても、乾燥が気になるときだけで大丈夫!
唇のケアにも使えるので是非ひとつは持っておきたいですね。

※皮膚膜・・皮膚表面で汗腺から分泌される汗と、皮脂腺から分泌される皮脂が程良く混ざったものであり、角質層にたまった水分の蒸発を防ぐことによって皮膚の潤いを保持してくれる。



0
  • facebook
  • twitter