夏の思い出写真に「花火文字」

花火文字で残す夏の1枚!その方法とコツをご紹介♪

  • facebook
  • twitter
812view
夏の思い出写真に「花火文字」Photo by Pinterest




SNSで「花火文字」が流行中!

夏の思い出に花火文字(花火アート)で写真を撮る人が増えています。

photo by Pinterest

全員が色違いの花火を使うとこんな感じ。

photo by Pinterest

もちろん文字だけじゃなくて、こんなふうに撮っても楽しい♪
火花が散っているのが、とってもキレイです。

photo by Pinterest

撮影方法は簡単!

簡単なハートや丸などの形であれば、デジカメの「花火モード」「夜景モード」でも撮影可能です。
「バルブ撮影(長時間露光)」に設定するのがオススメですが、バルブ撮影を知らない方も多いと思います。
打ち上げ花火や

photo by Pinterest

星空を撮影するときに使われる方法で、写真を見ればなんとなくどういう写真が撮れるかわかりますよね。

photo by Pinterest

バルブ撮影ではシャッターボタンを押している間、ずっとシャッターが開くので、光がハッキリと線となって写るのです。

字を書いたり、少し複雑な形を描いたり、時間のかかるような写真を撮りたい場合は、カメラをマニュアルモードに切り替えて、シャッタースピードも2秒以上に設定しましょう。
撮影場所や外の暗さに合わせてISO感度や絞りも調節して、明るさを整えると満足のいくものが撮れると思います。

スマホでもバルブ撮影ができるアプリがあるので、是非チェックしてみてください。
「夜撮カメラ」「Magic Shutter」「Instant X」などが人気のアプリです。

三脚でカメラを固定して撮りましょう

注意点がいくつかありますが、花火文字を撮るときは三脚などでカメラを固定してくださいね。
手ブレでキレイに撮れないので、そこは気をつけましょう。

撮影場所は砂浜など周りに建物などが無い真っ暗な場所のほうがキレイに撮れます。
道路や家の庭でもできますが、光でちょっと写ってしまいがち。
より完璧に撮りたい方は、撮影場所にもこだわってみましょう。
風向きや花火の燃える勢いによっては、写真で見ると煙ばかりが写ってしまいますので、いろいろ工夫してみてください。

一人でも、友達とでも、大人数でも楽しめる花火文字。
夏の思い出にチャレンジしてみてはいかがですか?

photo by Pinterest




0
  • facebook
  • twitter