機能性ヨーグルトの種類と効果

どれがどんな症状に効く?ぞれぞれの商品の効果を比較!

  • facebook
  • twitter
747view
Photo by Wallpaper




最近、数多くの種類が発売されている機能性ヨーグルト。
腸内環境を整えるって何にいいの?〇〇菌って何に効果があるの?
そもそも機能性ヨーグルトって何?などなど・・
なんとなく食べてたけど、そう言えば何も知らないって人も多いのでは?

まず機能性ヨーグルトとは、
特別な機能を持つ乳酸菌やたんぱく質を加えたヨーグルトのことで、
例えば、免疫力を高めてインフルエンザの予防をしたり、
メタボを改善や、ノロウイルス感染を予防などに効果が期待できます。

簡単に商品別にその効果をまとめてみました。

1, ダノンBIO



菌の種類は、生きたまま腸まで届く高生存ビフィズス菌「BE80」
腸内の腐敗菌が減り、便秘改善や美肌効果が期待できる。
お通じが良くなるので、ポッコリお腹が気になる方にもオススメ。

2, ダノンDENSIA



菌の種類は、「サーモフィルス」「菌ブルガリア菌」
1カップで一日必要量な半分のカルシウムと一日分のビタミンDが摂取できる。
骨の健康や形成のためのヨーグルトです。
ビタミンDは太陽を浴びることで体内でつくられるが、
日本人女性は日光を避ける傾向があるので、女性にオススメ。

3, 明治ヨーグルト R-1



菌の種類は、強さ引き出す乳酸菌「OLL1073R-1乳酸菌」
免疫力向上に期待ができるので、インフルエンザなどの感染予防に効果がある。

4, 明治 プロビオヨーグルトPA-3



菌の種類は、プリン体と戦う乳酸菌「PA-3乳酸菌」
プリン体痛風が改善・予防することが期待できるのです。
血液中の尿酸値を下げる効果が期待できる。 

5, 明治 プロビオヨーグルトLG21



菌の種類は、リスクと戦う乳酸菌「LG21乳酸菌」 
胃炎や胃ガンの原因であるピロリ菌を抑制、減少させ、
胃粘膜の炎症を改善する作用がある。つまり発ガンリスクの低減してくれる。

6, ヤクルト ソフール


菌の種類は、生きたまま腸内に到達する乳酸菌シロタ株「L.ガセイYIT 9029」。
良い菌を増やし悪い菌を減らして腸内環境整え、ビフィズス菌を増やすことで、
大腸ガンや膀胱ガンのリスクを減らす作用がある。

7, チチヤス 毎朝快調ヨーグルト



菌の種類は、 生きて腸まで届くビフィズス菌「BB-12」
食物繊維も入っていて整腸作用に効果がある。

8, 雪印メグミルク 恵



菌の種類は、「ガセリ菌SP株」「ビフィズス菌SP株」
日本生まれの二つの善玉菌を使い、生きたまま腸に届いて留まる。
ガセリ菌SP株は内蔵脂肪、皮下脂肪を減らす効果があり、
メタボ対策、コレステロール低下、生体内抗酸化作用が期待できる。
またストレス軽減効果もある。

いかがでしたか?ヨーグルトもまさに十人十色。
それぞれに違う特徴や働きをしてくれます。
今日からこのことに意識してヨーグルトを選ぶと、
さらに健康への効果が期待できるんじゃないでしょうか。



1+
  • facebook
  • twitter