夏に気をつけたい冷え太りとは?

せっかく食生活を気をつけても、冷えがあなたのダイエットの邪魔をする?

  • facebook
  • twitter
997view
夏に気をつけたい冷え太りとは?Photo by Wallpaper




露出の多いこの季節。ダイエットにも力が入りますね。
食生活を気をつけていても、なんだか痩せない気が・・むしろ太ったかも?
ダイエットをする上で、絶対に知っておきたいのが冷えと太るの関係。

冷えと太るの関係。

photo by Pinterest

普段の生活で体を冷やしてしまう冷え太りの原因と言えば・・

1, 夏はシャワーで済ませることが多い
2, 冷たいもの(アイスや飲み物)をよく摂る
3, 体温が低く、平熱が36℃以下
4, 寝るときも含めて、冷房はずっとつけている
5, 汗をかきたくないので、運動はあまりしない
6, 露出が多く、薄着ばかり着ている
7, 夏はよくお腹が痛くなる
8, 夏バテでそうめんやうどんなどが多く、お米をしっかり食べていない
9, ダイエットや夏バテで、お肉を抜く
10, つい水分を摂り過ぎてしまう


どうですか?どれも結構やりがちですよね。
夏は暑いので、どうしても入浴や食事も簡単に済ませがち・・。

でも、どうして冷えが太る原因になるのでしょうか?

それは体が冷えると血行が悪くなり、基礎代謝が低くなるからです!

そのため食べたものが上手くエネルギーに変えられず、体内に蓄積された栄養が脂肪になってしまうのです。

太る以外にも、いろいろな体の不調に繋がってしまうことも。

例えば、頭痛、腹痛、生理痛、肩こり、腰痛など体の痛みを感じたり、集中力に欠けたり、頭が重く感じたりなどの不調が現れます。
そして冷たいものを摂り過ぎると、体だけでなく内臓まで冷えて夏バテしちゃうかも。
冷えってほんとに悪いことだらけなんです。

そうならないためにも、今すぐできる冷え太りの解消法は?

1, 筋肉を使うこと

筋肉を使うこと

photo by Pinterest

暑くて外出を避けたり、運動をしなくなると筋肉の働きがどんどん低下してしまいます。
日常生活で、筋肉を意識して行動してみましょう。
例えば、いつも猫背の人は背筋をシャキッとするだけでも、エネルギー消費量が増えますし、血の巡りも良くなります。
あとは、1つ上や下の階への移動は階段にするのもいいですね。
毎日続けると、かなりの運動量になります。

2, 体を温めてくれるものを食べる

体を温めてくれるものを食べる

photo by Wallpaper

暑い夏はヘルシーな食事を選びがちですが、食べられる量だけでもいいので、しっかり肉や魚も食べましょう。
他に体を温める代表的食材と言えば、しょうが、玉ねぎ(ねぎ)、唐辛子!
スープや炒め物にちょっとプラスするなら、今すぐできそうですね。
あとは、マグロの赤身や鶏肉、豆腐などエネルギーに元になるタンパク質も欠かせません。

3, 夏も防寒対策

冷房ガンガンに効いている職場で長時間働く方は毎日のことなので、カーディガンやショールはいつも持っていたいですよね。
服装が変えられない方は、下着や靴下など見えないところを工夫しましょう。

あとは休憩中に冷房のない部屋や屋外で過ごしたり、足首を回して滞った血液を流しましょう。


家ではゆっくりお風呂に浸かって、その日の冷えはすぐに解消してくださいね。
就寝中も、冷房の温度設定にも注意しましょう。

  • facebook
  • twitter