つい多くなってしまう・・旅行の荷物を減らすコツとは?

いつも荷物が多くなる人はここを直すべき!スマートに旅を楽しむポイント♪

  • facebook
  • twitter
310view
つい多くなってしまう・・旅行の荷物を減らすコツとは?Photo by Pinterest



いつも自分だけ荷物が多い?

photo by Pinterest

毎回旅行となると荷物が多い人っていますよね。
アレもコレも持っていきたい!と最初から荷物を減らす気が無い人は別として、減らしたいのにいつも多くなるという人は、なぜ荷物が多くなってしまうのでしょう?

荷物が多いと移動も大変ですし、忘れ物や無くし物をしやすくなります。
旅行中にも「あれどこに入れたっけ?」とモタモタしていると、時間ももったいないですよね。

荷物が多い人に共通すること

荷物が多い人に共通するのが、心配性で用心深いということ。
何かあったときのことを考えてしまうので、荷物が増えてしまうのです。

例えば、

・「もし雨が降ったら」「もしホテルに〇〇が無かったら」など考え出すとキリが無い
・着回しが効く服が少なく、毎日全部違う服を持っていく
・旅先でも家と同じように過ごしたい
・計画を立てたり、旅先での行動が細かくイメージできていない
・旅行直前に準備をして、何でも詰め込んでしまう
・スーツケースなど旅行カバン自体が大きく、入るだけ入れる
・使うかどうかはわからなくても、【一応持っておく】ものが多い
・「あったら便利」と、必要性が低いとわかっていても持っていく


もっとスマートに旅行を楽しむには、どうしたらいいでしょうか?

まずは絶対に必要なものだけを考える

photo by Pinterest

これが無かったら絶対に困る!というものを最初に考えてみましょう。
お金、ケータイ、充電器、コンサートや交通機関のチケット、薬、コンタクト(眼鏡)、海外ならパスポートやVISAなど。
絶対に代わりが効かないものはこんな感じでしょうか。
あとは忘れてしまっても、現地で調達できますよね。
もし無くてもなんとかなる!と、気楽に考えてしまうのも荷物を減らすコツです。

オシャレもしたいけど着回しも考える

photo by Pinterest

動きやすさ重視で服装を選ぶと、どうしてもカジュアルになってしまいますよね。
旅行中もやっぱりオシャレはしたい!と普段着る機会が少ない服や、新しい服を持っていきたくなります。

服を選ぶときにシワになりにくい、一枚でコーデが完成する、連日使えるカーディガンやスキニーなどを持っていくと着回しが効いて荷物も減らせます。
旅行日数が長いときは、現地で洗濯するというのもアリ!

旅行中にやっぱりアレがいる!と服装に困ったら、今後も使えそうな服なら買っても無駄遣いにはなりませんし、旅の思い出にもなります。
アクセサリー等も最小限にしておきましょう。

現地にあるものは持っていかない

photo by Wallpaper

たまにドライヤーまで持参する人がいますが、原則ホテルにあるものは持っていかないようにしましょう。
歯ブラシ、くし、シャンプー、石鹸、ドライヤー、タオル、部屋着など。
これだけは自分のじゃないとダメ!というもの以外は、アメニティーに頼りましょう。

使い捨てやサンプル品を活用する

photo by Pinterest

ずっと使っていないままのシャンプー、ボディソープ、化粧品のサンプルが家で眠ったままになっていませんか?
この際全部旅行のときに使ってしまいましょう♪

またサンプルでなくても、普段の化粧品をミニボトルに移して持っていくとコンパクトにまとまります。

ただしいつ貰ったかわからないほど古いサンプルは、使わずに捨ててしまいましょう。
もったいないようですが、サンプル品は簡易包装なので予想以上に劣化が早く、肌トラブルの原因になってしまうことも。

圧縮袋を利用する

photo by Pinterest

旅行の季節が夏ならいいですが、秋冬なら荷物も多いですよね。
衣類や防寒具は圧縮袋を使って、コンパクトにしましょう。

最近では100円ショップにも売ってるので、安く購入することができます。

スマホがあれば何とかなる

photo by Wallpaper

ガイドブック、地図、割引券などスマホでも代用が効くものがありますよね。
ガイドブックも必要なのが数ページならそこだけ切って持って行ったり、写メに撮っておいたり、割引券も同じものがウェブにもあるならそれを使いましょう。

旅行から帰るときも・・・

photo by Wallpaper

もう一つ、荷物が多い人に多いのが何でも持って帰ってしまうということです。
例えばホテルのアメニティ−。
「次の旅行で使えそう」と、また【あったら便利】と物事を考えてしまいがち。

またレシートも整理せずそのまま全部入れっぱなしだったり、穴が空いてしまった靴下やストッキング、観光施設で貰った地図やパンフレット、自分用のお土産の箱やラッピングもそのままで持って帰ったり、どうせ家で捨てるものは現地で捨てて帰りましょう。

お土産も勢いで買ってしまう人がいますが、よくよく思い返すと店舗限定商品以外は、最近では他の都道府県でも買えるものも多いです。(全国的に有名なお菓子やご当地コスメなど)
本当に欲しいもの、前から欲しかったもの、初めて見たものなどお土産も冷静に選びましょう。



0
  • facebook
  • twitter