不倫とは違う、複数人と同時交際をする「ポリアモリー」

これも自由な恋愛?不倫を正当化しているように見えて、実は複雑なルールだらけな恋愛?

  • facebook
  • twitter
319view
不倫とは違う、複数人と同時交際をする「ポリアモリー」Photo by Pinterest




新しい恋愛のカタチ?

photo by Pinterest

多くの人が思う正しい恋愛、美しい愛のカタチ。
それは、「一途に一人の人を大切に想うこと」だと思います。
しかし、恋人がいるのに他の人を好きになったり、2人以上の人を同じくらい好きになったり。
常に誰か一人だけを愛することは、場合によっては難しいかもしれません。
そんな気持ちを素直に、不倫でも浮気でもない、一度に複数人と恋愛関係を持つ「ポリアモリー」な人たちが近年増えているんです。

ポリアモリーとは、ギリシア語の【poly(複数の)】と【amor(愛)】を合わせた造語です。
付き合う人を1人に限定せず、複数人と同じように恋愛関係を楽しむ恋愛なのですが、なんだか不倫や浮気を正当化しているだけな気が・・。
恋愛は1人でするものではありませんから、相手の理解やルールが無いと成立しません。

ポリアモリーの定義とは一体何でしょう?

①関係を隠さず、相手も理解&合意している

photo by Wallpaper

関係をコソコソ隠したり、嘘をついたりせず、パートナー全員がその関係を理解し、合意していることが浮気と大きく違うポイントです。
合意の上での恋愛なのですから、文句を言われたり、罪悪感を感じることもありません。

そして結婚をしている場合でも、お互いの理解があれば、ポリアモリーを楽しんでいいのです。

②全ての相手に平等に、誠実に

photo by Pinterest

どの相手にも同じように接することも、ポリアモリーの特徴です。
「本当の彼女」や「ただの遊び相手」ではなく、どのパートナーも本当の恋人であり、真剣に付き合っているということ。
そのため優先順位をつけてはいけません。
大切な記念日やプレゼント、全てのパートナーに同じように愛を注ぐのです。

③もちろん体の関係も全員にアリ

photo by Pinterest

全員が本当の恋人なのですから、体の関係も全員とあって当然です。
お互いの欲を満たすだけのセフレとは違い、どの相手も本当の恋人なのです。

④嫉妬や劣等感と上手に付き合う

photo by Pinterest

ポリアモリーが楽しいと、のんきな事を言っていられるのも最初のうちだけ。
時間が経つにつれて、当然いろんな感情が生まれてくるはずです。

恋人が自分だけのものじゃない、自分と会っていない間は違う人といる、でも自分のこともちゃんと愛してくれている、自分も同じことをしているから文句も言えない、など本当にたくさんの気持ちと付き合わなくてはいけません。

誰かに気軽に相談できるものでもありませんし、自分からポリアモリーな恋愛を望んだのですから自分で解決するしかないのです。
付き合うときにハッキリとしたルールを決めておきましょう。


ポリアモリーのデメリット

photo by Pinterest

まだまだ周囲の認知度や理解が少ないため、偏見はあります。
そして、「全員が合意&理解をしている」というポリアモリーの条件。
自分の好きになった相手が、はたしてすんなり理解をしてくれるでしょうか?
楽しそうに見えて、案外そんなに上手く成立しないと思います。
自由な恋愛だからと言って、軽い気持ちで始めると誤解が生じ、人から信頼を失う可能性もあるので注意が必要です。

そしてもう一つ大きな問題があります。
それは性病や妊娠です。
いつの間にか性病になっていた!という場合、その間に何人もの相手に伝染ってしまっているかもしれません。
そういうときは、パートナーはもちろん、メタモア(恋人の恋人)も治療しないと、自分だけが治してもまた同じことの繰り返しです。
性病にならないように、なっても最小限の被害で済むように、全員が定期的に検査をすべきでしょう。

そして妊娠をした場合。
女性の方は産んでもちゃんと育てられますか?
それとも中絶してしまうのですか?男性の方は責任が取れますか?

「誰の子どもかわからない」「同時に複数の女性が妊娠したので複数人の父親にならなければいけない」「産みたいけど相手は望んでいない」など、妊娠をしたあとにモメると一番可愛そうなのは子どもです。
妊娠を望んでいないのなら、避妊をしっかりする必要があります。

一見は自由な恋愛に見えるポリアモリー。
人生勉強にはなるかもしれませんが、ルールをきちんと決めないとトラウマになって心に大きな傷を残すことにもなりかねません。

とは言え、生涯ずっとポリアモリーな人もいます。
ポリアモリーで学んだ経験を生かして、最後は1人のパートナーと結婚する人もいます。

今後も時代の流れに合わせて、恋愛もどんどん変化していくことでしょう。




0
  • facebook
  • twitter