急なお泊まりやお家デートに・・デリケートゾーンのエチケット

百年の恋も冷める?デリケートゾーンの悩みを解消して彼とずっとラブラブでいたい♡

  • facebook
  • twitter
345view
急なお泊まりやお家デートに・・デリケートゾーンのエチケットPhoto by Wallpaper



世界から見る日本人のアンダーヘア事情

photo by Pinterest

日本でもデリケートゾーンを脱毛する女性が増えてきたとは言え、世界的に見るとまだまだ処理が甘いです。
ヨーロッパや欧米では、女性はもちろん男性もアンダーヘアの処理や脱毛をするのが一般的。
そのため、外国人男性が日本人女性とベッドインしたときは、かなりショックを受けるそうです。

デリケートゾーンのニオイの原因とは?

photo by Pinterest

デリケートゾーンのニオイに悩みを抱える人は、アンダーヘアの量が多い日本人女性に多いのです。
ただでさえムレやすいですし、汗をかいてもなかなか拭けない場所。
そこにアンダーヘアが多くあると、当然ニオイがこもりやすくなります。

脱毛は今すぐどうにかできませんが、せめてニオイのトラブルは解決したいですよね。

デリケートゾーンのニオイの原因、それは雑菌の繁殖です。
雑菌はショーツに付着したおりもの、尿、汗、垢、経血などから繁殖していきます。
これらはタンパク質を含んでいる上に、温度と湿度が高いので雑菌の温床となってしまうのです。
とは言え、温度と湿度は対策がなかなかできません。
なので、いかに清潔に保つかというのがポイントになります。

女性器は構造上、汚れや垢が溜まりやすい箇所でもあります。
お風呂のときには、毎回しっかりと洗い流しましょう。
ただしゴシゴシ洗うのではなく、たっぷりの泡で優しく洗いましょう。

デリケートゾーンを洗うときは、ボディソープではなく、デリケートゾーン専用ソープを使うといいかもしれません。

これだと洗浄力もありますし、刺激も少ないので安心です。
もちろん、いつも清潔な下着を身につけるのも大切です。

ただし洗いすぎると・・

photo by Pinterest

たまに膣の中まで洗う人がいますが、これは絶対にやめてください!
膣内は洗わなくても、自分でキレイに保とうとする【自浄作用】という働きがあるので、常にバランスの良い状態で保たれています。
なのでそれを洗い流してしまうと、善玉菌まで無くなってしまい、ニオイが悪化するどころか「カンジダ膣炎」の原因にもなってしまいます。

カンジダ膣炎とは性病ではなく、カンジダ菌という膣内にもともと常在している菌が異常繁殖してしまい、かゆみや排尿痛、おりものがヨーグルト状になるなどのトラブルを引き起こします。

膣内を洗いたいときはコレ!

生理が終わりかけのとき、おりものが気になるときは、使い切りビデ(プチシャワーセペ、膣内洗浄シャワー)を使うと石鹸を使うことなく、膣内をスッキリ洗い流すことができます。
性行為後はもちろん、海水浴後などに使う人も多く、薬局で4つで400円前後で買うことができます。
リーズナブルに購入できますが、あくまでも使うのは気になるときだけにして、頻繁に使うのはやめましょう。


なので石鹸を使って膣内を洗わないでくださいね。
またカンジダ膣炎は、抗生物質を服用したときにもなってしまう場合があります。
もしなってしまっても、婦人科で処方される薬を使えば、5日程度で治るので慌てる必要はありません。

急なベッドインにはコレ!

photo by Pinterest

急に彼が泊まりに来たり、ホテルに行くことになったとき、お風呂に入る前に先にトイレでサッとケアをしておきましょう。
彼と一緒にお風呂に入ることになっても、目の前でゴシゴシ洗うのは恥ずかしいですしね。
デリケートゾーン専用のウェットシートなら、汚れもニオイもしっかり拭き取ります。
優しい素材なので安心ですし、携帯サイズで使用後はトイレに流せるから大丈夫♪

携帯できるコンパクトなデリケートゾーンケアセットもオススメ。
ウェットシート、肌の黒ずみを抑える効果もあるケアクリーム、専用ソープのセットなのですが、パッケージも可愛いので見られても恥ずかしくありませんし、デリケートゾーン専用のものだとはわかりません。
黒ずみにお悩みの人は、普段から使ってみるといいかもしれませんね。



0
  • facebook
  • twitter