リキッドチークで愛されナチュラルメイク

チーク選びでメイクの幅が広がる!初心者でも使いやすいリキッドチーク

  • facebook
  • twitter
219view
リキッドチークで愛されナチュラルメイクPhoto by Pinterest



チークひとつでナチュラルにもセクシーにも

皆さん、チークは何を使っていますか?
タイプもパウダー、クリーム(練り状)などいろいろありますが、リキッドチークは使ったことはありますか?

リキッドチークはその名の通り、液体のチーク。
肌の奥から色づいたような色っぽさを出してくれるので、仕上がりは話題のおフェロメイクのような感じ。
しっとり馴染むから粉っぽくならず、ケバくなりにくいんです。

photo by Pinterest

自然な発色だから軽く色をのせれば、ナチュラルメイクにも大活躍♡

photo by Pinterest

デザインもいろいろ出ていてマニキュアボトルのような見た目や、

リップグロスのようなものなどがあるので、お気に入りがきっと見つかるはず♡

メイクのポイントは?

リキッドチークを使うときのポイントですが、ファンデーションのタイプによっても変わってくるので、そこは臨機応変に。

ファンデがリキッドタイプのとき
普段のメイク通り、ファンデーションのあとにチークをつければOK!

ファンデがパウダータイプのとき
下地のあとにチークをつけて、そのあとにファンデーションの順番で。
ファンデーションの前につけることで、色ムラしにくくなります。


チークをつける順番に気をつければ、あとは黒目の下からこめかみにかけてチークを適量のせましょう♪
ポンポンと指でなじませていけば出来上がり!

photo by Pinterest

リキッドチークに、ほんの少しだけ乳液を加えると、さらに色持ちがよくなります。

ただしリキッドチークは発色がいいので、つけ過ぎは要注意!
伸びもいいので、広範囲につけると酔っぱらいみたいになっちゃうかも・・。
赤やビビッドなピンクなどは、手の甲につけてから頬に色をのせるほうが無難かもしれませんね。

photo by Pinterest

メイクを変えたいとき、ついアイメイクにこだわってしまいがちですが、チークのタイプを変えるだけでもイメージは変えられます♪
その日の気分やコーデによって、チークを選んでみてはいかがでしょうか?



0
  • facebook
  • twitter