ココナッツオイルで全身ケア

モデルやセレブも愛用中の万能アイテムで、今すぐ美ボディをGET

  • facebook
  • twitter
565view
Photo by Wallpaper




ミランダ・カーが愛用しているとして、ココナッツオイルの美容効果は、もはや周知の事実。
実際に積極的に普段の食事に取り入れている方も多いのではないでしょうか。
その中でも、今回はスキンケアやヘアケアに使えるココナッツオイルの使い方をご紹介します。

まず使用には、新鮮なココナッツから作られている、オーガニックバージンココナッツオイルまたは、エクストラバージンココナッツオイルをオススメします。

1, ボディ、フェイスケア

・乳液として
洗顔後、化粧水をつける前にココナッツオイルを
顔に塗ると、肌が柔らかくなり化粧水の浸透が良くなります♡
使いかけの化粧水や乳液に少量混ぜて使うと保湿力がアップします。

・マッサージオイルとして
ココナッツオイルを使ったマッサージはアンチエイジングに効果的です。
オイルの栄養分を肌が吸収し、肌に元気を取り戻してくれます。

・クレンジングとして
洗顔前にココナッツオイルをお顔に塗ったあと、
ぬるま湯で洗顔するか、コットンでふき取ります。
温めた蒸しタオルでふき取るのもオススメ!
頑固なウォータープルーフマスカラもココナッツオイルの力で落ちてくれます。

・リップクリームとして
ベタつき感がなく、浸透性が高いココナッツオイルは、
継続的に使用すれば、唇のヒビにはとても効果的です。
ココナッツオイルを塗ったあとに、ハチミツも塗り、
ラップで15分ほど密封すれば口唇パックにも使えます。
口に入っても心配ないので、安心ですよね。

・日焼け止めとして
カットしてくれる紫外線は約20%なので、ちょっとした外出や
室内用の日焼け止めとしては十分効果があります。
真夏の強い日差しや、長時間日差しを浴びる日には効果は弱いですが、
肌の負担を減らしたい方や、アトピーや敏感肌の方にはオススメです。

・日焼けした肌に
炎症を抑えてくれるので、日焼けした肌のケアにも。

2, バスタイム

・入浴剤として
スプーン1杯のココナッツオイルを浴槽に入れると、
抗酸化作用で美肌効果やアトピー改善が期待できます。
乾燥肌も潤ってツヤツヤになります。

・オイルパック入浴に
顔からデコルテまで、ココナッツオイルを
まんべんなく塗り、リンパの流れに沿ってマッサージします。
耳の後ろからデコルテ、デコルテから脇に向かって。
顔は内側から外側に向かって優しく流し、そのままお風呂に浸かります。
お風呂の蒸気がさらにお肌の柔らかくしてくれます。

・ヘアパックとして
頭皮から毛先へ、馴染ませながら塗ったあと、
蒸しタオルを巻いて20分ほど待ち、シャンプーで洗い流します。
キューティクルが補修され、サラサラでツヤツヤな髪になります。
カラーリングで傷んだ毛先の補修や、髪のパサつきが気になる方は是非。
オリーブオイルなどの植物性オイルと混ぜて使用するのもオススメ!

・頭皮ケアに
毛穴に詰まった頭皮の汚れや皮脂のクレンジングに。
そうすることで、乾燥やフケを防止して、薄毛や脱毛症を予防いでくれます。

3, ヘルスケアとして

・膣カンジダの予防や治療に
お風呂上がりなど清潔なデリケートゾーンに塗ると、
かゆみを抑えてくれたり、症状が改善されていきます。
ココナッツオイルの免疫力アップに効果があるラウリン酸が、
膣カンジダ菌も殺菌してくれるのです。

・ニキビケアに
既に炎症を起こしているニキビを治すだけでなく、
新しいニキビを予防する効果もあります。
新陳代謝を促進する効果もあるので、肌のターンオーバーも整い、
気になるニキビ跡も治りやすくなります。



0
  • facebook
  • twitter