知らない間に髪を傷めてる5つの習慣

毎日の習慣が髪をどんどん傷めていた!今から直せる5つのポイント

  • facebook
  • twitter
411view





美容院に行っても、すぐに髪が傷んじゃう。
トリートメントも欠かさずしてるのに何で・・?
それは普段の習慣やクセが原因かも!
今回は今から気をつけたい5つのポイントをご紹介します。

1 シャンプー編


・シャンプーを泡立てずそのまま髪につける
原液を頭に直接つけると頭全体にまで行き渡らず、洗い残しやすくなります。
頭皮がかゆくなったりとトラブルの原因にもなります。
髪につける前に泡立てて、泡で洗うようにしましょう。

・朝と夜2回シャンプー
皮膚に必要な皮脂まで洗い流してしまい、頭皮の抵抗力が弱くなってしまいます。
そのため炎症や抜け毛の原因にもなってしまいます。

・熱いお湯で髪をすすぐ
キューティクルが立ち上がり、髪の毛が膨らんでしまいます。
それがダメージの原因に・・。髪の毛にとってベストなお湯の温度は38℃。

2 ドライヤー編


・ドライヤーを下から当てる
キューティクルが逆立ってしまい髪がパサつき、髪が広がってしまいます。
髪のツヤを保つために、ドライヤーは「上から下」へ!

・ブラッシングしながらのドライヤー
髪は濡れているとダメージを受けやすくなるので、
クシの摩擦で水分やタンパク質が失われてしまうのです。
髪の水分が失われると、パサつきや枝毛の原因になります。

・ドライヤーと髪の距離
ドライヤーを当てるときは、髪から15〜20cm離しましょう。
髪がだいたい乾いてきたら、ドライヤーの冷風と温風を交互に使うと、
髪がより傷みにくくなります。

3 ヘアセット編

・ヘアアイロンやコテの使いすぎ
アイロンの強い熱が、ドライヤーよりも髪を傷めてしまうので、
頻繁に使うのは控えましょう。使うときは熱から髪を守る整髪剤を使うのがオススメ。

・分け目や髪をくくる位置がいつも同じ
頭皮が引っ張られて、頭皮の血行が悪くなり薄毛の原因になる場合があります。
毎日髪をくくる人は、分け目や位置をたまに変えてみたり、
ちょっとゆるめにしてみたり、工夫してみましょう。

4 濡れたまま放置

先ほども触れましたが、髪は濡れているとダメージを受けやすくなります。
髪を乾かさず寝たり、ドライヤーを使わず自然乾燥させたりはやめましょう。
(濡れたまま寝ると、寝具に雑菌が繁殖しやすくなります・・。)

5 紫外線

肌と同じように髪も日焼けして、紫外線によりダメージを受けます。
日差しの強い日や、長時間の外出には帽子や日傘を使うことをオススメします。




1+
  • facebook
  • twitter